『search/サーチ』の
監督・製作チームが放つ
サイコ・スリラー

母の愛からは逃れられない

溺愛する車椅子の娘に、毒母の狂気が暴走する

『search/サーチ』の監督・製作チームが放つサイコ・スリラー

RUN/ラン

6月18日(金) TOHOシネマズ 日本橋他全国ロードショー

劇場情報はこちら

『search/サーチ』の
監督・製作チームが
新たに描くサイコ・スリラー

母親に疑念を抱き出した車椅子の娘
そして豹変毒母狂気が暴走する。
さらに明らかになる恐ろしい真実とは──。

『search/サーチ』の成功によって一躍、新世代スリラーの旗手となったアニーシュ・チャガンティ監督の最新作は、スリラーの原点に回帰した意欲作でもある。ヒッチコック作品のスタイルに新鮮な視点と独特なひねりを加え、ジャンル映画の王道をゆく醍醐味を追求している。
今作の主人公は、前作とは真逆のインターネットに一切接続できない環境。歪んだ母性愛が狂気へと変貌していく母親と、知識をフル稼働し逃げようとする車椅子の娘が展開する、濃密な心理戦。主人公である車椅子の娘クロエ役にはオーディションで抜擢された新人女優キーラ・アレンを起用。対して、人生のすべてを娘に捧げた“完璧な母親”から歪んだ母性愛が狂気へと変貌していく母ダイアン役は、人気ドラマシリーズの「アメリカン・ホラー・ストーリー」で、現代のサイコホラーの象徴的存在となったサラ・ポールソンが期待を裏切らない怪演。怒涛のクライマックスと衝撃のラストまで、一瞬たりとも目が離せない。
また、アメリカではコロナ禍を背景に昨年11月にHuluでの配信がスタート。多くの映画ファンの注目を集め、配信初週における同サービス最高視聴者数の記録を更新している。

全力で逃げろ!

Story

郊外の一軒家で暮らすクロエは、生まれつき慢性の病気を患い、車椅子生活を余儀なくされている。しかし常に前向きで好奇心旺盛な彼女は、地元の大学進学を望み自立しようとしていた。そんなある日、クロエは自分の体調や食事を管理し、進学の夢も後押ししてくれている母親ダイアンに不信感を抱き始める。ダイアンが新しい薬と称して差し出す緑のカプセル。クロエの懸命の調査により、それは決して人間が服用してはならない薬だった。なぜ最愛の娘に嘘をつき、危険な薬を飲ませるのか。そこには恐ろしい真実が隠されていた。ついにクロエは母親から逃れようと脱出を試みるが……。

Cast & Staff

Comments

敬称略、順不同

ジワジワ、ヒリヒリ効いてくるこの“怖さ”は何なんだ! 近年のどんなホラー映画より、アクション大作より、ハラハラ、ドキドキが来る! 手に汗握る緊迫の連続投与で、観客も呼吸困難や不整脈、感覚麻痺を起こしそう! このめくるめくヒッチコック的処方箋新スリラーの効き目を体感すべし!

ゲームクリエイター

クロエ役のキーラ・アレンの演技が素晴らしい。 頭脳、体力、支配力、そして母の愛の狂気で立ちはだかる、 強すぎるサラ・ポールソンに一歩も引かない!

山崎まどかコラムニスト

これ、多分俺の中で今年のサスペンスホラーのジャンルの映画では一位になると思う。

[Alexandros]

父が娘を探す(search)物語から、娘が母から逃げる(run)物語へ。
そしてやっぱり今回も仕掛けられていた驚きのラスト。
アニーシュ・チャガンティ監督作品は絶対に見逃せない。

映画ジャーナリスト

何かがおかしい…
その理由を知った時に鳥肌が立つ、ゾッとする狂気の連続が最高に楽しい90分間。今年1番のスリラー。

DIZ映画アクティビスト

日常が異常だと気付き、唯一の信頼を失った時、自分は走り出すことが出来るのか…人間の愛が振り切れた時が1番怖い。イカれ過ぎ。searchの監督、スタッフ陣が制作していると聞いて納得しました。絶望感を創り出すのが本当に上手いです。期待通りでした!!

三四郎

アニーシュ・チャガンティ監督の前作『search/サーチ』は斬新な様式と技巧が際立つミステリー映画だったが、この新作はあらゆる場面がサスペンスで成り立っている。潔いほど純粋に、一心不乱の映画体験を提供する娯楽スリラーだ。

橋諭映画ライター

愛しているようで執着している、尽くしているようで奪っている。現実にもよくある構図なのが心底恐ろしい。
母子それぞれの情念を表現しきる、サラとキーラの凄みに圧倒されました。

「ホラー通信」

身体が言うことを聞かない。家にはネットも無ければ電話も繋がらない。自分には母しかいない。しかし、その母は……。近年稀に見る凄まじい詰みっぷりに戦慄。あらゆる束縛の恐怖がこの一作に詰め込まれている。

べ食べカ人喰いツイッタラー